melodicrock review
melodic な rock, heavy metal, punk etc. 気に入ったcd のレビューを日々綴っていこうと思ってます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dreamevil - in the night
2002年の"dragonslayer"でのデビュー以来、順調にキャリアを積み重ねてきた dreamevil も、初代人気ギタリスト gus g とドラマーの snowy shaw が相次いで脱退するという試練を迎える時期もあったが、後任のドラマーに pat power、3代目となるニュー・ギタリストに dannee demon を迎え、2006年の united 以来となる約3年3ヶ月振りとなる5枚目のオリジナル・アルバム in the night をリリースした。この新作を機にメンバー全員が改名(芸名に変更)し、niklas isfeldt(vo) は nick night、fredrik nordstrom(G)はritchie rainbow、peter stalfors(B)は pete pain という表記になっている。久しぶりに聴く dreamevil だが、ブランクも何も感じさせない immortal からアルバムはスタート、パワフルなドラム、iron maiden 風のメタリックなギター・リフ、流麗なツイン・リード・ギター、コーラスでの合唱などなど最初から dreamevil節が全開という感じだ。2曲目はアルバム・タイトル曲、とてもヘヴィで judas priest へのリスペクトが感じられる曲。3曲目はスラッシュ・メタル風のリフを主体としたグイグイと押す曲。続く see the light はメロディアスな楽曲、初期 dreamevil の雰囲気を感じる。次の electric もメロディ重視な楽曲で dokken タイプ。6曲目のfrostbite はヴァンパイア・ソング。on the wind は iron maiden 風のオーソドックスな曲。8曲目の the ballad は曲名通りのバラード、歌詞の ...that fucking snowy shaw... という部分はsnowy shaw 本人が(わざわざ)ゲスト参加して歌っている。曲そのものはメタラーの悲哀を歌ってる。in the fires of the sun はアップ・テンポな曲、 judas priest~iron maiden へという流れの曲だ。10曲目のmean machine はザクザクと刻まれるギターリフを聴いているうちに体内のアドレナリンが分泌しそうな曲。kill, burn,be evil は男の勇敢さが滲み出るパワフルな楽曲。本編ラストの the unchosen one は80年代メタルへのオマージュっぽい曲、ストリングスが劇的に楽曲を盛り上げている。日本盤のボーナス・トラックは4曲。good nightmare と the return の2曲はヨーロッパ盤の限定盤にも収録されているが、save yourself と black hole は日本盤だけのボーナス・トラックだ。 good nightmare は megadeth 的なリフが印象的。the return は猪突猛進的なストレートなナンバー。save yourself は可でも不可でもないという感じのまさしくボーナストラックという感じ。black hole も同じく。。。ボーナス・トラックが多いのは嬉しいが、最後はダレる感じ、9曲目、10曲目、11曲目という後半部分の楽曲の出来が素晴らしかったので、ちょっと残念。全体的には judas priest と iron maiden からインスパイアされた部分が多く感じられる。作り手のヘヴィ・メタルへの愛情が充分に感じられる作品だ。

amazon.co.jp で買う
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

serpentine - a touch of heaven
英国出身のa.o.r.バンド serpentine のデビュー作。結成は2007年でchristopher gould(g)、gareth david noon(key)、gareth vanstone(b)の3名が結成当初のメンバーでデモを作成していたという。若いバンドに次に加入したのが、元shy~tnt のヴォーカリスト tony mills でバックを務めるメンバーとフロントに立つ彼の間に年齢差はあれど、音楽的なフィット感は最適だ。tony mills のヴォーカルは現在の tnt でのハード・ロックに捻りの効いたマジカルなポップセンスをふりかけたようなグリッターな感じではなく、長年在籍した shy での歌い方に戻っている。アルバムは哀愁感が漂うキーボードとコーラスのイントロ~もの悲しいメロディが素晴らしい a touch of heaven で始まる。shy が得意としていた泣きのメロディが早くも満開だ。2曲目はピアノ・ロック的で爽やかな whatever heartache、ギターの音色、キーボードの音使いがとても shy に似ていて面白い。続く lonely nights は shy が得意としていたもう1つのパターン「泣きのバラード」、tony mills のクリアなハイトーン・ヴォイスが冴える。次の for the love of it all は80年代のアメリカン・ロック風の壮大な感じのハード・ロック、バックの演奏にもっと豪快さが欲しいところだ。let the rain down は shy のポップな魅力を凝縮したようなキャッチーなメロディが良い。「水を得た魚」とは、こういう曲での tony mills のことを言う。6曲目の in my blood はパワーバラード風から序々に盛り上がるドラマチックな曲。次の fasion はスルーしがちな曲だが、ギターソロ前の tony mills のウルトラ・ハイトーンのポイントは高い。we belong は bon jovi 的な(というか wild in the streets 風の)ポップな楽曲。9曲目の love suicide もまずまずな感じだが、強力なフックが欲しいところ。unbreak my heart はピアノによるもの悲しいメロディが印象に残る toni braxton の曲のカヴァーで作曲は diane warren 、見事なユーロポップに変身している。eric martin もこの曲をカヴァーしていた。 ラスト bridge to my heart はボーナス・トラック、快適な moderato なナンバー。彼ら自身の個性は?と訊かれると一瞬言葉に詰まるが、楽曲の完成度はとても高く tony mills 以外のメンバーは若いにも関わらず、rca 時代の shy のサウンドを今に継承したスタイルを貫くという徹底振りだ。

amazon.co.jp で買う

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

cain's offering - gather the faithful
sonata arctica を脱退したギタリスト jani liimatainen がメロディック・パワー・メタルの世界に戻ってきた。jani liimatainen が自身の楽曲をレコーディングするにあたり、フィンランドを代表する歌い手として右に出る者はいない stratovarius の timo kotipelto が参加、また sonata arctica 時代の盟友 mikko harkin が鍵盤を操るという、夢のようなバンド cain's offering がここに誕生した。ベーシストの jukka koskinen は norther のメンバー、ドラマーの jani "hurtsi" hurula は jani の古くからの友人で、フィンランドでの paul di'anno のライヴ・メンバーとして同じステージに立っていた旧知のミュージシャンだ。cain's offering のデビュー作品にしてメロディック・パワー・メタルの金字塔とも言うべきこの素晴らしいアルバムは、一言で表現すると sonata various、言い方を変えれば strato arctica だ。初期の sonata arctica のサウンドに stratovarious の timo kotipelto がありのままの個性で歌っているという感じの仕上がりで、双方のファンなら必ず満足する内容だと断言できる。アルバム gather the faithful は疾走曲 my queen of water で軽快に始まる。sonata 節全開の楽曲に timo の平坦なヴォーカルが覆い被さっている。mikko の氷点下5℃のような冷え切ったキーボード・サウンドも良い。続く more than friends も sonata arctica タイプのクールなミディアム・ナンバーでゴシック的なプリコーラスから sonata 的なコーラス部分への突入が最高。3曲目 ocean s of regret は拡がりのあるキーボードのイントロからエクストリームっぽくリズム隊が突き進むという変化球的な楽曲、ここでの timo の歌唱も相変わらず「朴訥」な感じで stratovarious らしさを1人で醸しだしている。4曲目はインスト・ナンバー。続く into the blue は timo のボーイ・ソプラノ的な歌唱が冴えるバラード曲。6曲目は後半戦突入の狼煙をあげるかのようなファスト・チューン dawn of solace、ひたすら突っ走る超メロディックな曲でアルバム中のベスト・チューンだ。thorn in my side はゴシック・メタルへのアプローチが伺えるメロディ重視な楽曲、ヨーロッパ方面ならこの曲がシングル候補だろう。morpheus in a masquarade はゆったりとした民族音楽的フレイバーを感じさせつつ気が付くとアップ・テンポな楽曲に変化するという佳曲。stolen waters は gary moore の out in the fields のようなスリリングな曲。続く tale untold は日本盤のボーナス・トラック、これまた疾走タイプのイイ曲。elegantly broken はピアノの音色が疲労を癒してくれそうなゆったりとしたバラード、アルバムはゆっくりと幕を閉じる。。。という訳で特に長尺な曲もなく、一気に聴ける作品で、このメンツだからこそ出来るハイ・クオリティな作品だ。バンドのボトムを支えるリズム隊の力強さも、もう1つの聴き所だ。

amazon.co.jp で買う

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

w.e.t. - w.e.t.
work of art の w、eclipse の e、talisman の t を取って w.e.t. と名乗るメロディック・ロック界のスーパー・プロジェクトのデビュー作。sunstorm や place vendome を初めて聴いた時と同じく「このままバンドとして活動して欲しい!」と願いたくなるグループだ。eclipse の 2008年の名盤 are you ready to rock を聴き込んだ人なら理解できると思うが、本作でメイン・ソングライターを務める erik martensson の作曲能力はホントに素晴らしい。彼の作り出す楽曲の良さと jeff scott soto のヴォーカリストとしての器用さが上手く噛みあった「大傑作」と断言できるのがこの w.e.t. アルバムだ。jeff scott soto は楽曲のタイプに応じて steve perry にも joe lynn turner にもなれる人で、jeff scott soto 本人としての魅力もあるが、この曲はこんな感じで歌って欲しいなぁ。。。という聴き手の勝手なリクエストに見事に応えてくれているような見事な歌いっぷりだ。1曲目の invincible は後期rainbowを彷彿させる曲で、ギターソロはyngwie malmsteen へのオマージュと言うべきネオクラシカルなスタイルで決めている。アウトロ~イントロへと連なる one love も joe lynn turner が歌えば良いのにと思わせる rainbow ライクな楽曲。3曲目の brothers in arms はeclipse そのものという感じの正統派ハード・ロック・スタイル、jeff scott soto の貫禄十分の歌いっぷりが素晴らしい。続く come down like rain はクールダウンした楽曲、押しの強い曲が続くなかでのこの曲はアルバム中での良いアクセントを与えていると思う。5曲目の runnning from the heartache はミディアム調のアメリカン・ハード色の濃い楽曲。続く i'll be there は mr.big に通じるキャッチーな楽曲、シングル・カットするならば先ずこの曲だろう。次の damege is done は talisman っぽいグルーヴィーな曲。次の put your money where your mouth is は talisman~soul sirkus の流れに沿うグルーヴ感満載の曲。one day at a time は whitesnake が甦ったかのような佳曲。次の just go は whitesnake/thin lizzy 風なドラマチックな展開が素晴らしい。my everything は mr.big、firehouse、damn yankees が得意としそうなライトタッチのアメリカン・ハード・ポップ曲。if i fall は誰が何と言おうと journey でしょう。 jeff scott soto の steve perry になりきった歌唱が素晴らしすぎます。という感じで、完成度の高さ=器用さのように写りがちな作品だが、アルバム全体の出来栄えは超ハイ・レヴェル。古きよき時代の aor を追い続けるよりもw.e.t. のような現役の素晴らしいメロディック・ロック作品に触れる方が良いでしょう。

amazon.co.jp で買う

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

astral doors - requiem of time
常に ronnie james dio タイプと呼ばれ、暑苦しいヴォーカル・スタイルもお馴染みになって久しいヴォーカリスト patrik johanson をフィーチャーした astral doors の通算5作目のオリジナル・アルバム。バックの演奏も相変わらずで、オルガンが薄く広くという感じで響き、豪快&荒々しく刻まれるギター・リフはアルバム全編で存在感を放っている。astral doors の魅力は、何と言っても様式美メタルを今の時代に「現役バンド」として聴かせてくれる貴重な存在であるということ。アルバムの大半の曲が(名曲の域には達しないまでも)高水準な楽曲であり、毎回大きく期待を裏切ることの無い「安全」なバンドだと言える。アルバムはギターのアルペジオから始まり patrik johanson のしっとりとしたヴォーカルが乗っかり、テンポアップと共に各々の楽器が出揃うという劇的な曲からスタート。2曲目の power and the glory はミッド・テンポで重厚なタイプで whitesnake を連想させる。続く rainbow warriour は疾走感のある曲で、サクサク刻まれるギター・リフが印象的。4曲目はシャッフル、これも whitesnake 風か。 続く5曲目は「聖ペテロの十字架」を歌ったミッド・テンポなモロ dio 風。6曲目 so many days, so many nights でそろそろ中だるみか。。。whitesnake or dio どっちなの?という曲。続く blood river は black sabbath っぽいスローテンポだけどもグイグイと引っ張っていく曲。ライヴでの合唱向きか。続く anthem of the dark はノリの良い曲だが歌メロにもう一捻り欲しいところ。次の metal dj では sabbath bloody sabbath, black night, whole lotta love などの曲名が歌詞に出てきて面白い。fire and flame は rainbow っぽい中世を感じさせる曲。11曲目の greenfield of life は patrik johanson の熱唱が光り輝く曲でアルバム後半を引き締める楽曲。the healer はイントロのキーボードが印象に残る疾走曲、i got the power to heal と畳み掛けるコーラス部分が印象的だ。evil spirits fly はアルバムの終盤にもってこいのドラマチックな曲。ラストの when darkness comes は泣きのバラッドだけれども彼らの場合、どこまでも豪快に仕上がってしまう。劇的でパワフルな様式美メタルが信条の astral doors は今作 requiem of time でも彼らのスタイルにブレは無い。ファンの期待に応えた良質のハード・ロック・アルバムだ。
amazon.co.jp で買う

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。