melodicrock review
melodic な rock, heavy metal, punk etc. 気に入ったcd のレビューを日々綴っていこうと思ってます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tesla - forever more
カリフォルニア州サクラメントで結成された tesla は1986年にデビュー、90年代後半に長期の活動休止時期はあったものの2000年以降に復活、2004年の再結成後のオリジナル・アルバム into the now に続くスタジオ作品が本作 forever more だ。オリジナル・メンバーで復活した前作のラインナップから、ギターの tommy skeoch が家庭の事情で脱退、tesla のファンという若手ギタリスト dave rude が tommy skeoch に替わってバンドに加入している。この最新作 forever more は、ハッキリ言って目新しい所は何も無い。でも延々と続くアメリカン・ハード・ロックは聴いていてとても気持ちが良い。kiss や aerosmith がそうであるように tesla というバンド独自のスタイルが各々の楽曲の中で貫かれているという...ただそれだけの事だ。tesla はそれで良いのだ。バンドの最たる特徴である jeff keith の倍音の混ざり具合が良いハスキーな歌声は本作でも絶好調! tommy skeoch が抜けたが、ギター2人のコンビネーションも上々、他のメンバーと比べて10歳以上も若い dave rude は渋いスライド・ギターも披露している。"若さ"の注入も彼の重要な役割か。本作のプロデューサーは1994年の作品 bust a nut 以来の登場となる terry thomas (bad campony、foreigner、giant) で曲作りとミキシングにも参加するというかなりの関わり具合だ。エンジニアは michael rosen が担当、testament、forbidden、sadus など多くのベイエリア・スラッシャー達の作品を手掛けただけあって、荒削りな迫力のある音に仕上げている。音の良いハード・ロック作品としてもオススメの1枚。前作に及ばなかったが、billboard の最高位が33位というのも嬉しい☆頑張れ tesla electric company recordings!!

amazon.co.jp で買う
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。