melodicrock review
melodic な rock, heavy metal, punk etc. 気に入ったcd のレビューを日々綴っていこうと思ってます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
the all-american rejects - when the world comes down
2003年のスマッシュ・ヒット swing swing で鮮烈なデビューを飾った the all-american rejects も早くも3作目のアルバムをリリース。彼らは the get up kids を擁していた doghouse records からデビューしたこともあってか emo で括られることが多いが、根底にあるのは pop なメロディ。emo と呼ばれるよりも、power pop band と呼ばれたいバンドだ。超キャッチーな ♪swing swing swing ~ というコーラスとともにデビューした頃は weezer などのパワー・ポップ・ファンのハートをガッチリと掴んだと思うが、彼らも徐々に大人になったというか、前作 move along そして本作 when the world comes down とアルバム・リリースを重ねるごとに「アメリカン・ロック色」を強めていると思う。when the world comes down というタイトルの本作、プロデュース、エンジニア&ミックスを手掛けたのは third eye blind、smash mouth、good charlotte、the lostprophets などを手掛けた eric valentine で、レコーディングは eric 所有のロスアンゼルスにある barefoot recording で行われた。(因みに此処のスタジオで good charlotte の the young and hopeless、や the lostprophets の start something という名盤が生まれている。) オープニングの i wanna はコーラス部分の ♪i wanna i wanna i wanna touch you~ の切なさがグッとくるアップ・テンポでキャッチーな楽曲。続く fallin' apart は come on eileen が元ネタかと思わせる、イントロでのストリングス使いが効果的なポップ・ソング、80年代風で上品な感じを出しつつもコーラス部分でのパワフルなリズムが心地良い。3曲目の damn girl は軽めのギター・リフが印象に残る軽めの曲、tyson ritter の上ずり気味の声が good!! 先行シングルになった4曲目の gives you hell はローファイ・アンセムようなシンガロングな曲、p.v.も面白い。5曲目 mona lisa はアコースティック・ギターでの弾き語りの曲、ちょっとスロウ・ダウン。6曲目の breakin' は goo goo dolls 風のドラマチックな曲、アメリカン・ロックっぽさ全開の曲だ。続く another heart calls には女性オルタナ・フォーク・デュオ catherine と allison 姉妹の the pierces が参加、コケティッシュな魅力を発している。ヘヴィな8曲目の real world は tyson ritter の切羽詰った感の出た歌声がイイ。次の back to me はパワー・バラード。10曲目の believe は切れ味爽快なパワー・ポップ・ナンバー、ちょっとcheap trick 風味だ。締め括りの the wind blows は名残惜しそうな感じのミッド・テンポな曲。そして全11曲が終わって30秒後にジャスト3分の「隠しトラック」でもってアルバムの幕は閉じる。emo と呼ばれる power pop バンドだが、彼らの目指す所はもっと上にありそうな......これから先、アルバムを出すにつれ成長し、ビッグなアメリカン・ロック・バンドとしてシーンに君臨しそうな、そんな予感がする。

amazon.co.jp で買う
スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。