melodicrock review
melodic な rock, heavy metal, punk etc. 気に入ったcd のレビューを日々綴っていこうと思ってます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cash cash - take it to the floor
new jersey は roseland 出身のパンク・ポップ・バンド cash cash の universal republic からのデビュー作。2002年の結成当時は consequence と名乗っていたそうだ。友人同士の jean paul makhlouf(vo. g) と samuel frisch(vo. b)、がバンドの創始メンバーで、後に jean paul の兄弟の alex makhlouf(key) と anthony villacari(dr) が加入し現在の4人のメンバーが揃った。2008年にバンド名を cash cash に改名し 2009年1月に本作 take it to the floor をリリースした。彼らのサウンドは'00年代のパンク・ポップと、new order、pet shop boys などの80年代のニュー・ウェーブ・バンドが持っていたエレポップとを掛け合わせたようなものだ。彼らを聴いた第1印象は south carolina の eleventyseven との共通項が多いということ、8ビットに徹するという所までは行き着いていないが、スペイシーなピコピコ・サウンドを効果的に使い、トーキング・モジュレイターによる歌声も登場する。全12曲収録で40分にも満たないというコンパクトな楽曲が並ぶ take it to the floor の基本はパンク・ポップだ、エレクトリックな要素を取り除いて楽曲のみに集中し聴くと、彼ら cash cash の楽曲は mcfly が歌いそうな超キャッチーなパンク・ポップだということに気付くだろう。そんな中でも'70年代ファンク・サウンドへのオマージュともいうべき party in your bedroom はダンスフロアで映えそうな曲でヒット・ポテンシャルもとても高そう。eleventyseven、cobra starship、mcfly が同時に好きな人ならマストな作品だ。間違っても「男版 perfume」みたいなバカなキャッチ・コピーは付けないでね☆ cd shop や日本のレコード会社の皆々様!

amazon.co.jp で買う
スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。