melodicrock review
melodic な rock, heavy metal, punk etc. 気に入ったcd のレビューを日々綴っていこうと思ってます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rhett miller - the believer
オルタナ・カントリー・バンド the old 97's のフロントマンであり、2002年にセカンド・ソロ the instigator で日本でも注目を集めた rhett miller のソロ3作目。本作を機に electra から verve forecast (elvis costello, jamie cullum, teddy thompson も所属) へ移籍、プロデューサーは maria mckee, tom petty and the heartbreakers などを手掛ける george drakoulias が担当。バックの演奏を一流のセッション・ミュージシャン達で固め、rhett はギターを弾いていない。前作 the instigator では、パワー・ポップ的アプローチも含むアメリカン・ロックだったが、今回はヴォーカリストに専念し、バックのミュージシャン達と共に、より深みのあるアメリカン・ロックを聴かせている。私は10曲目の delicate のような軽快で勢いのある曲をもっと多く聴きたかったが...レーベル的には、rachael yamagata とデュエットさせたり...で大人っぽく仕上げ、アダルト・コンテンポラリー好きな人たちにも聴かせようという戦略なのかな...と(勝手に)思った。でもそんな変化にも十分に応えれる rhett のミュージシャンとしての懐の深さが感じられるいい作品だ!

amazon.co.jp で買う
スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/05/09(水) 06:21:36) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。