melodicrock review
melodic な rock, heavy metal, punk etc. 気に入ったcd のレビューを日々綴っていこうと思ってます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cain's offering - gather the faithful
sonata arctica を脱退したギタリスト jani liimatainen がメロディック・パワー・メタルの世界に戻ってきた。jani liimatainen が自身の楽曲をレコーディングするにあたり、フィンランドを代表する歌い手として右に出る者はいない stratovarius の timo kotipelto が参加、また sonata arctica 時代の盟友 mikko harkin が鍵盤を操るという、夢のようなバンド cain's offering がここに誕生した。ベーシストの jukka koskinen は norther のメンバー、ドラマーの jani "hurtsi" hurula は jani の古くからの友人で、フィンランドでの paul di'anno のライヴ・メンバーとして同じステージに立っていた旧知のミュージシャンだ。cain's offering のデビュー作品にしてメロディック・パワー・メタルの金字塔とも言うべきこの素晴らしいアルバムは、一言で表現すると sonata various、言い方を変えれば strato arctica だ。初期の sonata arctica のサウンドに stratovarious の timo kotipelto がありのままの個性で歌っているという感じの仕上がりで、双方のファンなら必ず満足する内容だと断言できる。アルバム gather the faithful は疾走曲 my queen of water で軽快に始まる。sonata 節全開の楽曲に timo の平坦なヴォーカルが覆い被さっている。mikko の氷点下5℃のような冷え切ったキーボード・サウンドも良い。続く more than friends も sonata arctica タイプのクールなミディアム・ナンバーでゴシック的なプリコーラスから sonata 的なコーラス部分への突入が最高。3曲目 ocean s of regret は拡がりのあるキーボードのイントロからエクストリームっぽくリズム隊が突き進むという変化球的な楽曲、ここでの timo の歌唱も相変わらず「朴訥」な感じで stratovarious らしさを1人で醸しだしている。4曲目はインスト・ナンバー。続く into the blue は timo のボーイ・ソプラノ的な歌唱が冴えるバラード曲。6曲目は後半戦突入の狼煙をあげるかのようなファスト・チューン dawn of solace、ひたすら突っ走る超メロディックな曲でアルバム中のベスト・チューンだ。thorn in my side はゴシック・メタルへのアプローチが伺えるメロディ重視な楽曲、ヨーロッパ方面ならこの曲がシングル候補だろう。morpheus in a masquarade はゆったりとした民族音楽的フレイバーを感じさせつつ気が付くとアップ・テンポな楽曲に変化するという佳曲。stolen waters は gary moore の out in the fields のようなスリリングな曲。続く tale untold は日本盤のボーナス・トラック、これまた疾走タイプのイイ曲。elegantly broken はピアノの音色が疲労を癒してくれそうなゆったりとしたバラード、アルバムはゆっくりと幕を閉じる。。。という訳で特に長尺な曲もなく、一気に聴ける作品で、このメンツだからこそ出来るハイ・クオリティな作品だ。バンドのボトムを支えるリズム隊の力強さも、もう1つの聴き所だ。

amazon.co.jp で買う
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/05/09(水) 01:57:53) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。