melodicrock review
melodic な rock, heavy metal, punk etc. 気に入ったcd のレビューを日々綴っていこうと思ってます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dreamevil - in the night
2002年の"dragonslayer"でのデビュー以来、順調にキャリアを積み重ねてきた dreamevil も、初代人気ギタリスト gus g とドラマーの snowy shaw が相次いで脱退するという試練を迎える時期もあったが、後任のドラマーに pat power、3代目となるニュー・ギタリストに dannee demon を迎え、2006年の united 以来となる約3年3ヶ月振りとなる5枚目のオリジナル・アルバム in the night をリリースした。この新作を機にメンバー全員が改名(芸名に変更)し、niklas isfeldt(vo) は nick night、fredrik nordstrom(G)はritchie rainbow、peter stalfors(B)は pete pain という表記になっている。久しぶりに聴く dreamevil だが、ブランクも何も感じさせない immortal からアルバムはスタート、パワフルなドラム、iron maiden 風のメタリックなギター・リフ、流麗なツイン・リード・ギター、コーラスでの合唱などなど最初から dreamevil節が全開という感じだ。2曲目はアルバム・タイトル曲、とてもヘヴィで judas priest へのリスペクトが感じられる曲。3曲目はスラッシュ・メタル風のリフを主体としたグイグイと押す曲。続く see the light はメロディアスな楽曲、初期 dreamevil の雰囲気を感じる。次の electric もメロディ重視な楽曲で dokken タイプ。6曲目のfrostbite はヴァンパイア・ソング。on the wind は iron maiden 風のオーソドックスな曲。8曲目の the ballad は曲名通りのバラード、歌詞の ...that fucking snowy shaw... という部分はsnowy shaw 本人が(わざわざ)ゲスト参加して歌っている。曲そのものはメタラーの悲哀を歌ってる。in the fires of the sun はアップ・テンポな曲、 judas priest~iron maiden へという流れの曲だ。10曲目のmean machine はザクザクと刻まれるギターリフを聴いているうちに体内のアドレナリンが分泌しそうな曲。kill, burn,be evil は男の勇敢さが滲み出るパワフルな楽曲。本編ラストの the unchosen one は80年代メタルへのオマージュっぽい曲、ストリングスが劇的に楽曲を盛り上げている。日本盤のボーナス・トラックは4曲。good nightmare と the return の2曲はヨーロッパ盤の限定盤にも収録されているが、save yourself と black hole は日本盤だけのボーナス・トラックだ。 good nightmare は megadeth 的なリフが印象的。the return は猪突猛進的なストレートなナンバー。save yourself は可でも不可でもないという感じのまさしくボーナストラックという感じ。black hole も同じく。。。ボーナス・トラックが多いのは嬉しいが、最後はダレる感じ、9曲目、10曲目、11曲目という後半部分の楽曲の出来が素晴らしかったので、ちょっと残念。全体的には judas priest と iron maiden からインスパイアされた部分が多く感じられる。作り手のヘヴィ・メタルへの愛情が充分に感じられる作品だ。

amazon.co.jp で買う
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/25(金) 09:43:32 | | #[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/05/09(水) 01:37:56) |
管理人の承認後に表示されます
2012/11/21(水) 10:38:27) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。