melodicrock review
melodic な rock, heavy metal, punk etc. 気に入ったcd のレビューを日々綴っていこうと思ってます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hibria - the skull collectors
hibria は正統派メタルの救世主か? 答えは yes!!! である。2004年に defying the rules で南米はブラジル南部、リオグランデ・ド・スル州ポルト・アレグレから彗星の如く現れた hibria がドラマーのみが交代し4年もの歳月の後にドロップした作品がこのセカンド・アルバム the skull collectors だ。アルバムを聴き始める前に先ず構えろ! cd のプレイ開始とともに彼らが仕掛けた罠が待っている。何事も「掴みが肝心」とよく言うが、1曲目の tiger punch のインパクトが凄い!(凄いとしか言いようが無い!)オープニングを飾るに相応しいファスト&ヘヴィな楽曲でコーラス部分の「ダイガー~パンチ!」というフレーズに惹かれてしまう。前作もそうだったが、このバンドは先ずヴォーカルが素晴らしい! 表現力を無限に広げるような艶のあるハイ・トーン・ヴォイスの持ち主 iuri sanson のヴォーカルは hibria というバンドを更に高いポジションに押し上げる重要な役割を果たしている。彼 iuri の才能無くして、このバンドの「凄さ」は語れないと断言できる。またフレット上を縦横無尽に駆け巡るようなベースも印象的だ。ボトム部分で marco panichi(b) が示す存在感も是非見逃さないで欲しい。押しの一手&攻撃的な楽曲のオン・パレードで聴いてて疲れる場合もあるが、突っ走りながら一気に聴き通したいアルバムだ。待ちわびたファン(私)は聴いて一安心、前作と基本路線を変えることなく、正統派メタルに拘ったサウンドで勝負に挑む姿勢が潔くて気持ちいい。あとは待望の初来日を待つのみ、ライヴで「ダイガー~パンチ!」の大合唱を!!

amazon.co.jp で買う
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。